【領域別おすすめ文献情報】 バイオシミラー(バイオ後続品)の現状〔動向と課題〕(Part.2)


領域別おすすめ文献情報 2018年05月29日更新

バイオシミラー(バイオ後続品)の現状〔動向と課題〕(Part.2)

今日、関節リウマチなどの治療に大きく寄与し、有用な治療選択肢の一つとしての位置付けを確立したといえる、バイオ製剤(生物学的製剤)。

一方で、医療費の見直しを重要課題としている本邦においてはその後発品「バイオシミラー(BS)」の積極的な活用が鍵となりますが、
その開発をはじめ実臨床における認知度・普及度はいまだ十分とは言えず、BSに関する知識と理解の浸透、情報の集積が望まれます。


 ▶文献のお申込をされる場合は、必要な文献をチェックして、ページ下部の「確認画面へ」をクリックして下さい。
 ▶ID・パスワードの登録がなくてもお申込が可能です。

 
【ETA_084】 (税抜)

ジェネリック医薬品・バイオシミラー再考 日本におけるバイオシミラーの使用状況と今後の課題
黒川 達夫; 南部 静洋
Progress in Medicine (2018年38巻3号281頁~284頁)
 
 
【ETA_085】 (税抜)

ジェネリック医薬品・バイオシミラー再考 レギュラトリーサイエンスからみたジェネリック医薬品、バイオシミラーの課題
笠貫 宏; 松橋 祐輝
Progress in Medicine (2018年38巻3号243頁~254頁)
 
 
【ETA_086】 (税抜)

ジェネリック医薬品・バイオシミラー再考 ジェネリック医薬品・バイオシミラーの不信・不安の正体
武藤 正樹
Progress in Medicine (2018年38巻3号219頁~225頁)
 
 
【ETA_087】 (税抜)

医療経済をかんがみた関節リウマチの診療 バイオシミラーの開発の現状と未来
田中 良哉
リウマチ科 (2017年58巻6号607頁~613頁)
 
 
【ETA_088】 (税抜)

バイオシミラーにおける対照製剤に対する臨床薬理データの同等性をどう評価するか? FDA、Guidance for Industryの考え方に学ぶ
岡村 元義; 岡入 梨沙
PHARM TECH JAPAN (2017年33巻7号1307頁~1312頁)
 
 
【ETA_089】 (税抜)

バイオシミラー バイオシミラー 品質とガイドラインの現状と課題
本田 二葉
細胞 (2017年49巻9号428頁~431頁)
 
 
【ETA_090】 (税抜)

バイオシミラー 欧州におけるバイオシミラーの使用促進
坂巻 弘之
細胞 (2017年49巻9号432頁~435頁)
 
 
【ETA_091】 (税抜)

バイオシミラー 先行バイオ医薬品とバイオシミラー
古賀 淳一; 兵庫 淳志
細胞 (2017年49巻9号436頁~438頁)
 
 
【ETA_092】 (税抜)

バイオシミラー バイオシミラー採用に関する現状と課題
石井 伊都子
細胞 (2017年49巻9号447頁~450頁)
 
 
【ETA_093】 (税抜)

乳癌治療におけるバイオ医薬品とバイオシミラー
岩瀬 弘敬; 大橋 隆久; 田邊 康祐
乳癌の臨床 (2017年32巻3号231頁~238頁)
 
 
【ETA_094】 (税抜)

将来の医療におけるバイオシミラーの意義
山中 寿; 落合 大樹; 田邊 康祐
最新医学 (2017年72巻4号625頁~635頁)
 
 
【ETA_095】

バイオシミラー使用促進に関する使用者から見た課題 医師・薬剤師・患者の意識と理解(バイオシミラーの経済効果と課題を含む) 関節リウマチにおけるバイオシミラー その現状と問題点
金子 敦史
臨床医薬 (2017年33巻2号124頁~126頁)
 

※メーカー様のご意向により利用可能なお申込方法や納品方法が異なる場合がございます。
  ご不明な点がございましたらインフォレスタまでお問合せください。