【領域別おすすめ文献情報】 本邦におけるバイオシミラー(バイオ後続品)の現状と課題


領域別おすすめ文献情報 2019年07月11日更新

本邦におけるバイオシミラー(バイオ後続品)の現状と課題

患者の経済的負担や医療費の削減といった観点から、その開発や普及に関して
位置付けの明確化が重要となっている『バイオシミラー』(BS:バイオ後続品)

また、BSに関する正しい理解の浸透は患者・医療機関共に未だ十分とはいえず、
BS普及促進のためには制度や環境の整備・改善が求められています。


 ▶文献のお申込をされる場合は、必要な文献をチェックして、ページ下部の「確認画面へ」をクリックして下さい。
 ▶ID・パスワードの登録がなくてもお申込が可能です。

 
【BFF_177】 (税抜)

バイオシミラーの現状と今後の展望 バイオシミラー開発における現状と課題
亀山 良雄
医薬ジャーナル (2019年55巻3号815頁~822頁)
 
 
【BFF_178】 (税抜)

バイオシミラーの現状と今後の展望 バイオシミラーの規制と品質評価に関する国際的動向
石井 明子
医薬ジャーナル (2019年55巻3号777頁~782頁)
 
 
【BFF_179】 (税抜)

医師および薬剤師のバイオシミラーに対する認知度と使用意向に関する実態調査2018 2015年調査との比較
平野 陽子; 田邊 康祐
Progress in Medicine (2019年39巻2号221頁~232頁)
 
 
【BFF_180】 (税抜)

ジェネリック医薬品・バイオシミラー再考 日本におけるバイオシミラーの使用状況と今後の課題
黒川 達夫; 南部 静洋
Progress in Medicine (2018年38巻3号281頁~284頁)
 
 
【BFF_181】 (税抜)

これからどうなる?バイオシミラー 医療機関におけるバイオ後続品の課題 後発医薬品の使用推進状況と比較して
鎌田 泉
ファルマシア (2018年54巻4号316頁~318頁)